無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日本の要請に配慮必要=高まる同盟の重要性-元米高官 | トップページ | 政府方針に「辺野古」明記せず 社民幹事長が政権維持示唆 »

2010年5月26日 (水)

福島氏「政権に恋々とは思われたくない」 社民議員総会

http://www.asahi.com/politics/update/0526/TKY201005260177.html
福島氏「政権に恋々とは思われたくない」 社民議員総会
 社民党は26日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、国会内で緊急の両院議員総会を開き、鳩山由紀夫首相が表明した「辺野古」移設に反対する方針を確認した。福島瑞穂党首はあいさつで「政権に恋々としているとは思われたくない」と強調した。

 会合には計12人の衆参議員のうち、福島氏や重野安正幹事長、照屋寛徳国会対策委員長ら9人が出席。前日の福島氏の沖縄訪問の報告を踏まえ、首相が取りまとめを目指す日米共同声明や政府対処方針について意見交換した。連立政権を離脱するかどうかについての結論は出なかった。

 その後、重野氏らは首相官邸で平野博文官房長官と会い、「辺野古」移設には党として反対する方針を伝えた。

 議員総会後、重野氏は記者団に「閣議決定、閣議了解という決め方には一貫して異議ありとの立場だ」と強調。「日米共同声明、閣議決定が想定されているようだが、いずれにも辺野古という文言は入れないようにと主張する」と語った。出席した党幹部は「今は参院選を3党で戦うのか、バラバラで戦うのかどちらかだ」と指摘した。

« 日本の要請に配慮必要=高まる同盟の重要性-元米高官 | トップページ | 政府方針に「辺野古」明記せず 社民幹事長が政権維持示唆 »

日米関係」カテゴリの記事