無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国民新、次のテーマは反「外国人参政権・夫婦別姓」 | トップページ | 社民地方組織の半数「連立に残留すべきだ」 »

2010年5月27日 (木)

普天間政府方針、福島氏「辺野古明記なくても署名拒否」

http://www.asahi.com/politics/update/0526/TKY201005260475.html
普天間政府方針、福島氏「辺野古明記なくても署名拒否」

 社民党党首の福島瑞穂・消費者担当相は26日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として「名護市辺野古周辺」が日米共同声明に明記された場合、鳩山政権が閣議に諮る政府声明などの関連文書が「辺野古」に触れていなくても、署名を拒む考えを明らかにした。

 福島氏は、辺野古移設を前提とするなら、内閣としてのどんな意思決定にも反対する姿勢。鳩山由紀夫首相が政府方針の閣議決定や閣議了解にこだわれば、社民党の政権離脱や福島氏の進退問題に発展しかねない状況だ。

 福島氏は同日午後の記者会見で「日米合意に辺野古という文言が入るなら賛成しない。(閣議に諮る)文書に辺野古という文言が入っていなくても、日米合意を前提としているわけだから、(閣議で)サインしない」と明言した。

 日米両政府は普天間の移設先を同県名護市辺野古周辺とすることで合意済みで、28日に発表する共同声明に明記される。さらに鳩山政権は、共同声明に基づく政府方針を、閣僚の署名が必要な閣議決定か閣議了解とする方向で調整してきた。

 政権内では当初、社民党に配慮して政府方針に「辺野古」の地名を入れず、普天間を将来的に県外や国外に移設することを目指す方針を盛り込むことで、福島氏の署名を得ることを模索していた。

 だが、福島氏がこれを拒否したため、首相が閣議の場で、閣僚の署名がいらない「総理発言」として政府方針を述べるにとどめる案も浮上している。その場合も、閣内不一致との批判を招くことは必至だ。鳩山内閣は、連立3党の合意を得る基本政策閣僚委員会を、一両日中にも開いて、打開を探る方針だ。

 鳩山首相は26日夜、首相官邸で記者団に「何らかの形で閣僚の理解が必要で、署名というのが自然だと思う」と述べる一方、「最終的にどのような形にするかは決めていない」と語った。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010052601000584.html
辺野古前提なら閣議で反対 福島氏、罷免も覚悟

2010年5月26日 22時24分

 国会内で記者会見する社民党の福島党首=26日午後

 社民党党首の福島瑞穂消費者行政担当相は26日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、名護市辺野古への移設を前提にした政府方針に閣議で反対し、鳩山由紀夫首相に罷免されてもやむを得ないとの認識を示した。

 しかし、首相は28日に予定される閣議で全閣僚に政府方針への署名を求める構え。社民党内では連立政権離脱への発展を回避する調整が続いているが、強硬論も根強く、一部議員の離党による党分裂含みの緊迫した情勢になっている。

 会見で福島氏は辺野古移設を日米共同声明に明記する一方、政府方針には書き込まないとする政府の対応について「二重基準であり、国民の理解はまったく得られない」と批判。閣議決定か閣議了解が検討されている政府方針に関しては「文書に辺野古の文字が入らなくても、日米合意に辺野古と明記されれば、閣議にどんな文書が出てこようが賛成しない」と述べ、共同声明に辺野古移設が含まれれば署名に応じない考えを示した。

 一方、社民党の照屋寛徳国対委員長(衆院沖縄2区)は同日夜、日米合意に辺野古と明記されても党が連立政権にとどまる場合は、離党する意向を記者団に示した。
(共同)

« 国民新、次のテーマは反「外国人参政権・夫婦別姓」 | トップページ | 社民地方組織の半数「連立に残留すべきだ」 »

日米関係」カテゴリの記事