無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国民投票法が施行=憲法改正原案、提出可能に-審査会休眠で審議できず | トップページ | 友愛ボート始動へ、ベトナムなどで医療活動 民間も参加 »

2010年5月18日 (火)

国民投票法施行で談話=共産、社民、たちあがれ

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010051800008
国民投票法施行で談話=共産、社民、たちあがれ

 共産、社民、たちあがれ日本の各党は国民投票法の18日の施行に当たり、それぞれ談話を発表した。
 共産党 国民は現憲法の改定など全く求めておらず、国民投票法を発動する条件も必要もないことは明瞭(めいりょう)だ。民主主義的な制度として当然備えるべき条項を欠いた全くの欠陥法で、速やかに廃止するべきだ。
 社民党 社民党の責務は憲法の理念を生かした政治を実現させることだ。新しい政治の品質保証役として、憲法改悪に反対する人々や憲法を軽々しく扱うことに異議を唱える人々と手を携えて、憲法審査会を動かさないよう監視していく。
 たちあがれ日本 憲法審査会は、民主党などの反対で参院ではいまだに設置されていない。国民の正当な権利行使を阻害するかのごとき対応は、誠に遺憾だ。(2010/05/18-00:23)

« 国民投票法が施行=憲法改正原案、提出可能に-審査会休眠で審議できず | トップページ | 友愛ボート始動へ、ベトナムなどで医療活動 民間も参加 »

「改憲手続き法案」カテゴリの記事