無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 迫る期限、募る緊張感=「連立離脱」に現実味-社民 | トップページ | 国民投票法/「施行」前に策動強める改憲勢力/予定期日18日 矛盾と破たんを拡大 »

2010年5月10日 (月)

普天間問題、解決を楽観=キャンベル氏

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010050900159
普天間問題、解決を楽観=キャンベル氏

 【バンコク時事】バンコク訪問中のキャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は9日の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題について「米国の戦略上の要求を満たす結論に到達できると信じている」と述べ、解決に楽観的な姿勢を示した。
 キャンベル氏は「日本はアジアで最も関係の深い同盟国だ」と指摘。「アジア太平洋地域での諸問題に対処するため、堅固で安定した日米関係を維持することは不可欠だ」とした。 (2010/05/09-18:46)

« 迫る期限、募る緊張感=「連立離脱」に現実味-社民 | トップページ | 国民投票法/「施行」前に策動強める改憲勢力/予定期日18日 矛盾と破たんを拡大 »

日米関係」カテゴリの記事