無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 5月中の決定に反対=普天間移設の政府方針-福島、亀井氏 | トップページ | 国民投票法施行で談話=共産、社民、たちあがれ »

2010年5月18日 (火)

国民投票法が施行=憲法改正原案、提出可能に-審査会休眠で審議できず

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010051800011
国民投票法が施行=憲法改正原案、提出可能に-審査会休眠で審議できず

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法が18日施行された。これに伴い改正原案の国会提出が可能となった。しかし、原案を審議する衆参両院の憲法審査会は、与野党対立や民主党政権の誕生などの影響で休眠状態が続いている。改正原案が提出されても審議できる環境にないのが実情だ。
 国民投票法は、改憲に積極的だった安倍内閣当時の2007年5月、自民、公明両党の賛成多数で成立した。施行後は衆院100人以上、参院50人以上の賛同で改正原案を国会に提出できる。原案が両院で可決され、改正が発議されると60-180日以内に国民投票が行われ、半数以上の賛成で承認される仕組みだ。
 同法は、成人年齢の18歳への引き下げを前提に、国民投票の有権者を18歳以上の国民と定めた。しかし、民法など関係法令の改正は進んでおらず、当面は20歳以上が対象となる。 
 憲法96条は、改正の発議には衆参両院で「総議員の3分の2以上の賛成」が必要としており、ハードルは高い。このため自民党は、発議要件を「2分の1以上の賛成」に緩和する改正原案を早期に提出することを検討している。
 憲法審査会は07年8月に衆参両院に設置された。ただ、委員の選任に連立与党の社民党が強く反対しているほか、護憲派を抱える民主党も慎重姿勢のままだ。衆院は昨年6月に審査会の運営ルールを定めた規程を作ったが、参院ではそれすら決まっていない。(2010/05/18-00:35)

« 5月中の決定に反対=普天間移設の政府方針-福島、亀井氏 | トップページ | 国民投票法施行で談話=共産、社民、たちあがれ »

「改憲手続き法案」カテゴリの記事