無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 福島氏に辞任促す=北沢防衛相 | トップページ | 北朝鮮関係船舶の検査可能に=貨物検査特措法が成立へ »

2010年5月28日 (金)

対処方針に「県外・国外」明記も=政府、社民と調整続行-普天間

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010052800058
対処方針に「県外・国外」明記も=政府、社民と調整続行-普天間

 政府は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題への対処方針決定に向け、県外移設を求める社民党と調整を続ける。同党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は、日米共同声明から移設先の「(同県)名護市辺野古周辺」の文言削除を求める姿勢を崩していないが、政府高官は対処方針に「県外・国外移設」を目指すことも明記すると表明。福島氏の説得に全力を挙げる考えだ。
 政府は、福島氏が閣議での署名拒否を明言していることから、対処方針は移設先の地名に触れず、閣僚の署名が不要な「首相発言」とする方向。与党内では、福島氏の譲歩を促すため、「地元と与党の同意がなければ移設先を最終決定しない」と盛り込む妥協案も浮上している。
 社民党内でも、連立政権からの離脱を回避するため、こうした案で事態収拾を図るべきだとの意見が大勢で、重野安正幹事長らが福島氏に軟化を求めている。同党は28日昼、福島氏ら幹部が対応を協議する。(2010/05/28-04:25)

« 福島氏に辞任促す=北沢防衛相 | トップページ | 北朝鮮関係船舶の検査可能に=貨物検査特措法が成立へ »

日米関係」カテゴリの記事