無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 福島党首、日米共同声明を注視 沖縄訪問、知事と会談 | トップページ | 首相談話を閣議で決定へ=普天間移設、署名求める―政府調整 »

2010年5月25日 (火)

普天間、「覚書」作成へ=県外を追求-与党国対

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010052500459

普天間、「覚書」作成へ=県外を追求-与党国対

 民主、社民、国民新の与党3党は25日、国会内で国対委員長会談を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設に社民党が反対していることを踏まえ、同飛行場の県外・国外移設と3党連立体制の強化を追求するとした「覚書」をまとめる方向で調整することで一致した。
 この後、民主党の山岡賢次国対委員長が首相官邸に鳩山由紀夫首相を訪ね、「3党連立が国会運営では大事だ」と述べ、社民党に配慮するよう求めた。 
 一方、社民党の又市征治副党首は民主党の輿石東参院議員会長と国会内で会談し、「(県内移設は)社民党を政権離脱に追い込むような話だ。5月末にこだわるべきではない」と述べ、28日にも予定される日米合意文書策定の先送りを政府に働き掛けるよう要請した。輿石氏は「小沢一郎幹事長と相談の上で対処したい」と答えた。(2010/05/25-13:45)

« 福島党首、日米共同声明を注視 沖縄訪問、知事と会談 | トップページ | 首相談話を閣議で決定へ=普天間移設、署名求める―政府調整 »

日米関係」カテゴリの記事