無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 県外移設、閣僚懇で要求=普天間問題で福島氏 | トップページ | 中朝、首脳会談で一致 朝鮮半島非核化へ努力 »

2010年5月 7日 (金)

橋下知事、改憲へ「全国的な議論を」 記念式で言及

http://www.asahi.com/politics/update/0507/OSK201005070069.html
橋下知事、改憲へ「全国的な議論を」 記念式で言及

 大阪府の橋下徹知事は7日、大阪市内であった府の憲法施行記念式のあいさつで、憲法が定める議院内閣制など政治・行政の仕組みについて「リーダーがきちっと国を運営できる仕組みでなければ、今の憲法の内閣と国会では、どんなリーダーでも国を動かすことはできない」と指摘。「全国的な議論を巻き起こす」と語った。

 橋下知事が改憲論議の必要性について、公開の場で言及するのは初めて。「国のみならず地方でも、仕組みを根本的に変えなければ、日本は地に落ちてしまうと危機感を抱いている」と訴えた。一方で「人権や憲法9条といった守るべき価値については、軽々に申し上げられない」とも述べた。

« 県外移設、閣僚懇で要求=普天間問題で福島氏 | トップページ | 中朝、首脳会談で一致 朝鮮半島非核化へ努力 »

改憲動向」カテゴリの記事