無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« JR総連、JR東労組には革マルが相当浸透と政府答弁書 民主党はJR総連候補を公認 | トップページ | 武器使用基準拡大、駆け付け警護可能に 自民が自衛隊海外派遣の一般法を提出へ »

2010年5月12日 (水)

憲法改正国民投票へ詳細規定の政令決定

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100511-OYT1T00920.htm
憲法改正国民投票へ詳細規定の政令決定

 政府は11日の閣議で、憲法改正に関する国民投票が行われる場合に備えて、投開票の手続きなどについて詳細な規定を盛り込んだ政令を決定した。

 18日に施行の予定だ。

 政令は、市町村の選挙管理委員会に対し、国民投票の15日前までに投票人に投票所の入場券を交付するよう求めるなどしている。

 憲法改正の具体的手順や要件を定める国民投票法は18日に施行される。衆参両院では、憲法改正案を審査する憲法審査会が機能停止状態だが、政府は、法施行に合わせて国民投票に備えた準備を進めることにした。
(2010年5月11日19時13分  読売新聞)

« JR総連、JR東労組には革マルが相当浸透と政府答弁書 民主党はJR総連候補を公認 | トップページ | 武器使用基準拡大、駆け付け警護可能に 自民が自衛隊海外派遣の一般法を提出へ »

「改憲手続き法案」カテゴリの記事