無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 琉球新報社説:辺野古移設表明/実現性ゼロの愚策撤回を 撤去で対米交渉やり直せ | トップページ | 社民は連立維持を=「辺野古移設は実現できない」-国民新代表 »

2010年5月25日 (火)

自民・中山元外相が離党届

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010052500235
自民・中山元外相が離党届

 自民党の中山太郎元外相(85)は25日午前、党本部で大島理森幹事長と会い、自らが求めていた国政選挙の定年制の撤廃が受け入れられなかったとして、離党届を提出した。
 同党は、国政選挙の比例代表候補に関し、衆院選では「公認時に満73歳未満」、参院選では「任期満了日に満70歳未満」と内規で定めている。
 会談後、中山氏は記者団に「年齢制限は憲法に触れる問題だ」と強調。参院選で他党から出馬する可能性については「全く白紙だ」と語った。 
 中山氏は昨年の衆院選で大阪18区から出馬したが、落選していた。(2010/05/25-10:33)

« 琉球新報社説:辺野古移設表明/実現性ゼロの愚策撤回を 撤去で対米交渉やり直せ | トップページ | 社民は連立維持を=「辺野古移設は実現できない」-国民新代表 »

改憲動向」カテゴリの記事