無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 憲法改正手続法の施行延期を求める会長声明 | トップページ | 生活再建へ“旅立ち”/ワンストップの会「交流会」/定例相談会終了 »

2010年4月20日 (火)

石原の差別発言は許すべきではない

朝、東京新聞を開いて、このコラムを読み、快哉を叫んだ。筆洗氏がいうように、また石原の放言だなどという感覚で、メディアが取り上げなのはメディアの堕落だ。石原を福島党首が告発しているが、断固闘うべきだ。(高田)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2010042002000065.html
筆洗

2010年4月20日

 若手の論客として知られた新井将敬という政治家がいた。東大卒、旧大蔵省のキャリア官僚出身のエリートだったが、株取引での利益供与を要求した証券取引法違反容疑が浮上し、衆院が逮捕許諾の議決をする直前に自らの命を絶った▼在日韓国人として生まれ、十六歳の時に日本国籍を取得した新井氏は一九八三年に旧衆院東京2区から初出馬、落選した際に悪質な選挙妨害を受けた。選挙ポスターに「元北朝鮮人」などと書いた黒いシールを大量に張られたのだ▼それを思い出したのは、永住外国人への地方参政権付与に反対する集会で、石原慎太郎東京都知事が「(帰化した人や子孫が)国会はずいぶん多い」などと発言したからだ▼選挙区内の新井氏のポスターにせっせとシールを張って歩いたのは、同じ選挙区の現職だった石原知事の公設第一秘書らだった。「それ(帰化)で決して差別はしませんよ」と集会で知事は語ったが、彼の取り巻きが過去にしでかしたことを思い起こせば、そんな発言を誰が信じよう▼与党幹部には帰化した子孫が多いという発言の根拠はインターネットだという。そりゃあ、石原さん、いくらなんでもちょっと無責任すぎるよと言いたくなる▼あからさまな差別的発言を大きく報道したメディアは本紙だけだった。「またいつもの放言だ」と取材側がまひしているならかなり深刻だ。

« 憲法改正手続法の施行延期を求める会長声明 | トップページ | 生活再建へ“旅立ち”/ワンストップの会「交流会」/定例相談会終了 »

「国内情勢」カテゴリの記事