無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 北海道新聞社説:国民投票法 このまま施行でよいか(4月18日) | トップページ | 俳人九条の会総会にでて »

2010年4月18日 (日)

外国人参政権 反対集会に与党議員

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010041802000069.html
外国人参政権 反対集会に与党議員

2010年4月18日 朝刊

 鳩山政権が成立を目指す、永住外国人への地方選挙権付与法案に反対する集会が十七日午後、都内で開かれ、与党からも国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相や民主党の松原仁衆院議員らが参加し反対意見を表明した。

 亀井氏は「外国人選挙権は日本を滅ぼす。国民新党が拒否権を発動しているから今国会で成立はしない」と強調。松原氏は「欧州は選挙権付与が盛んだという議論があるが、日本では通用しない。私は明快に反対」とあいさつした。

 野党側では自民党の大島理森幹事長が「日本の主権を守らなければならない」と表明。新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表も「命を懸けて闘う」と強調した。みんなの党の渡辺喜美代表も「民主党は『生活第一』と言いながら『選挙第一』じゃないか」と批判、選挙権付与は選挙対策との見方を示した。

« 北海道新聞社説:国民投票法 このまま施行でよいか(4月18日) | トップページ | 俳人九条の会総会にでて »

「国内情勢」カテゴリの記事