無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「職を賭す覚悟、普天間も当然含む」首相、再び明言 | トップページ | 帰化発言で都知事「社民党首を特定してない」 »

2010年4月24日 (土)

井上ひさしさんの志を受けついで/「九条の会」6月に講演会

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-04-23/2010042302_03_1.html
井上ひさしさんの志を受けついで/「九条の会」6月に講演会

(写真)記者会見する、九条の会の小森陽一事務局長(中央)と小沢隆一(左)、高田健(右)の各氏=22日、参院議員会館

 「九条の会」事務局は22日、国会内で記者会見し、6月19日(土)に「九条の会講演会 井上ひさしさんの志を受けついで 日米安保の50年と憲法9条」を開くと発表しました。

 講演会は、「九条の会」呼びかけ人で作家の井上ひさしさんが去る9日、がんのため亡くなったことを受けたもの。事務局長の小森陽一東京大学教授は、「井上さんは、『言葉の力で戦争を押し返す』運動に力を尽くされた。6月19日に予定してきた講演会を、井上ひさしさんの志を受けつぐ会として開催したい」と述べました。

 また小森氏は、沖縄米軍普天間基地問題が正念場を迎えているとし、「日米安保と憲法9条の根幹にかかわる問題であり、いま起こっているさまざまな運動と連帯しながら、この講演会を成功させたい」と語りました。5月18日に「施行期日」を迎える改憲のための国民投票法については、「法律としての体をなしていない状況で、施行するのは問題がある」と批判しました。

« 「職を賭す覚悟、普天間も当然含む」首相、再び明言 | トップページ | 帰化発言で都知事「社民党首を特定してない」 »

民衆の運動」カテゴリの記事