無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米市民 沖縄に連帯/ワシントン 「新基地ノー」と集会 | トップページ | <普天間移設>北沢防衛相が首相に省の独自案提出 »

2010年4月28日 (水)

防衛相、辺野古くい打ち案提出 首相、徳田氏と面会

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010042801000265.html
防衛相、辺野古くい打ち案提出 首相、徳田氏と面会

2010年4月28日 11時44分

 首相官邸に入る北沢防衛相=28日午前

 北沢俊美防衛相は28日午前、鳩山由紀夫首相を官邸に訪ね、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に関する複数の案を提出した。関係者によるとキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)を埋め立てる現行計画を修正し、沖合の浅瀬にくい打ち桟橋(QIP)方式で代替施設を建設する案が軸とみられる。

 これに関し、政府高官は「首相は環境への配慮を重視している。そうなると思う」と述べ、埋め立てよりも環境への負荷が小さいとされるQIP方式を示唆。同時に「防衛省としての集大成だ」と強調した。

 首相はこれを基に対米協議を加速させ、地元との調整にも近く入りたい意向とみられる。しかし、沖縄側が受け入れる見通しは立っておらず、国外移設を主張する社民党が強く反発するのは確実で、5月末までの決着は困難な状況だ。検討している首相の沖縄訪問にも慎重論が出ている。

 一方、首相は午前、移設先の一つとして模索する鹿児島県・徳之島に影響力を持つとされる徳田虎雄元衆院議員と都内で面会した。表向きは療養中の徳田氏への見舞いだが、徳之島移設への協力を要請するとみられる。
(共同)

« 米市民 沖縄に連帯/ワシントン 「新基地ノー」と集会 | トップページ | <普天間移設>北沢防衛相が首相に省の独自案提出 »

日米関係」カテゴリの記事