無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 衆院外務委員会参考人質疑(服部良一議員) | トップページ | 官邸前のピンクのジュゴン »

2010年3月19日 (金)

外務省、東郷元局長の文書リスト公表=「密約」説明資料など58点

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010031900954
外務省、東郷元局長の文書リスト公表=「密約」説明資料など58点

 外務省は19日、日米の核持ち込みの「密約」に関して東郷和彦元外務省条約局長が作成し、後任に渡したファイルの文書リストを公表した。1960年の日米安保条約改定時の藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日米大使による「討議記録」の写しや、東郷氏の父・文彦氏が北米局長当時の68年に作成し、歴代政権の「密約」引き継ぎの説明資料として使われた「装備の主要な変更に関する事前協議の件」など58点が記載されている。
 リストは、東郷氏が昨年12月、外務省の有識者委員会に提出した。東郷氏が19日の国会での証言で、リストの存在を明らかにしたため、同省が同氏の了承を得て発表した。 
 東郷氏は、重要と判断した文書16点には二重丸を付けているが、東郷氏の証言によると、うち8点の文書は有識者委による検証作業でも見つからなかった。
 リストには、核持ち込みに関して東郷氏が記したメモも添付されている。核の陸上配備は認めないものの、核搭載艦船の通過・寄港については是認する「非核二・五原則」の可能性について、「議論を少数者で進めておく必要があるのではないか」と指摘している。(2010/03/19-19:37)

« 衆院外務委員会参考人質疑(服部良一議員) | トップページ | 官邸前のピンクのジュゴン »

日米関係」カテゴリの記事