無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 社民兵庫県連、参院選比例区に新社会副委員長を擁立へ | トップページ | 派遣法改正案、修正で合意…事前面接解禁を削除 »

2010年3月17日 (水)

有事の核持ち込み排除できず 衆院外務委で岡田外相

岡田外相は何をいってんだか。アホじゃないの。
非核3原則には有事も平時もないのです。被爆体験国家として、戦争で核兵器を使うことは許さないというための原則なのです。
ダメなものはダメなのです。だから非核3原則の法制化が必要なのです。(高田)

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031701000398.html

有事の核持ち込み排除できず 衆院外務委で岡田外相

 岡田克也外相は17日午前の衆院外務委員会で、有事の際に日本の安全を確保するためには、米軍による核持ち込みは排除できないとの認識を示した。非核三原則は堅持するとした上で「核搭載米艦船の一時寄港を認めないと、日本の安全が守れないならば、そのときの政権が命運をかけてぎりぎりの決断をし国民に説明すべきだ」と述べた。関係閣僚が、核持ち込みの可能性に言及するのは異例だ。

 日米両政府は1960年の安保条約改定時に交わした交換公文などで、米軍の核持ち込みは「事前協議」の対象にすると規定している。安保条約上、核持ち込みを制限する規定はなく、同盟国の米側から日本を守るとして申し入れがあった場合、これを拒否するのは困難との見方が強い。米国による「核の傘」への依存と非核三原則の矛盾があらためて浮き彫りになった。

 岡田氏は、鳩山政権としては一時寄港や領海通過を含めて核持ち込みは認めないと強調した。一方で「国民の安全が危機的状況になってもあくまで原則を守るのか、例外をつくるのか、鳩山政権として将来を縛ることはできない」と述べた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010031700711
有事の核持ち込み、容認せず=岡田外相発言に不快感-平野官房長官

 平野博文官房長官は17日午後の記者会見で、日本有事の際に米国から核兵器持ち込みの要請があった場合の対応について、「政府として容認するという立場にない。非核三原則を守るということは、鳩山由紀夫首相も発言している」と強調した。岡田克也外相は衆院外務委員会で「その時の政権が判断する」と答弁しており、双方の違いが明らかになった。
 平野氏は外相発言について「(核持ち込みを)容認するという発言ではないのではないか」としながらも、「どういう有事のことを言っているのか、よく承知していない。たらればのケースで政府が言及することは控えないといけない」と不快感を示した。 (2010/03/17-17:07)

« 社民兵庫県連、参院選比例区に新社会副委員長を擁立へ | トップページ | 派遣法改正案、修正で合意…事前面接解禁を削除 »

日米関係」カテゴリの記事