無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 核密約 存在認め廃棄を/志位氏会見 歴史の偽造 許されぬ | トップページ | 経団連、献金関与とりやめ方針決定 企業の自主判断に »

2010年3月 8日 (月)

名護市議会、シュワブ陸上案に反対決議=普天間、官房長官は地元理解求める

この平野という人物はどうしようもないひとだ。先の市長選の結果に対する発言といい、今回の市議会決議に対する発言といい、この人物は辺野古・シュワブ移設で固まっている。首相がこうした人物をそのまま、官房長官にしているということは、それを容認しているということだ。作戦として「首相を信じる」と公言することはありえても、本当に信じることはできない。鳩山さん、ほんとうに「沖縄の理解なしに決めない」のなら、官房長官を切りなさい。沖縄の意志はますます鮮明になっていますよ。(高田)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010030800274
名護市議会、シュワブ陸上案に反対決議=普天間、官房長官は地元理解求める

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、同県名護市議会は8日午前、政府・与党が検討中のキャンプ・シュワブ陸上部(名護市など)への移設案に反対する決議と意見書を全会一致で可決した。これに対し、平野博文官房長官は記者会見で、一般論として、地元が反対しても受け入れを求めるケースはあるとの見解を示した。
 平野長官は決議について「市議会の考えと理解する」とした上で、「決議があっても決議を超えてやっていただかなければならない場合は(ある)。沖縄に限らず、地域の自治体に理解をいただくためにお願いをしなければならないケースはあるのではないか」と述べた。
 名護市の決議に先立ち、沖縄県も先月24日、県内移設に反対し、県外・国外移設を求める意見書を全会一致で可決している。同県では、政府が水面下でシュワブ陸上案を検討していることに警戒感が強まっており、平野長官の発言は一層の不信を招きそうだ。
 名護市の決議と意見書は、シュワブ陸上案について「これまでの移設案よりも住宅地域に近接するもので、言語道断」と反発。「名護市民の生活環境のみならず、近隣の小中学校の教育環境までをも破壊するもので、断じて許されるものではない」としている。 
 また決議は、8日午後に開かれる政府・与党の沖縄基地問題検討委員会で、国民新党が予定している陸上案提示を撤回するよう求めている。(2010/03/08-13:16)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100308-00000097-jij-pol
沖縄の理解なしに決めぬ=普天間移設先-鳩山首相

3月8日18時32分配信 時事通信
 鳩山由紀夫首相は8日夕、米軍普天間飛行場の移設問題に関し「沖縄県民や国民の理解が得られなければ移設先を決めるわけはない」と述べ、地元の同意が前提との立場を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

« 核密約 存在認め廃棄を/志位氏会見 歴史の偽造 許されぬ | トップページ | 経団連、献金関与とりやめ方針決定 企業の自主判断に »

日米関係」カテゴリの記事