無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【主張】普天間移設 辻褄合わせは国益を失う | トップページ | 『9条改憲不要』51% 普天間移設先 国外38% »

2010年3月28日 (日)

「ヘリ部隊、分散移転」 普天間 防衛相、県内外で検討

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000025-san-pol

「ヘリ部隊、分散移転」 普天間 防衛相、県内外で検討

3月28日7時56分配信 産経新聞
 北沢俊美防衛相は27日、長野市の会合で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)に常駐するヘリコプター部隊の移転先に関し「全部引き受けてくれるところはないが、ヘリを2機、3機とバラバラに移すわけにはいかない。2カ所くらいに配置を換える」と述べ、部隊の分散移転を検討していることを明らかにした。

                   ◇

 ■米は難色の公算

 また、北沢氏は記者団に分散移転先は沖縄県内だけでなく県外も含まれる考えを示し、「移転が可能かどうか、米側と事務レベルで早急に協議する必要がある」と説明した。

 政府はキャンプ・シュワブ(沖縄県名護市)陸上部にヘリ離着陸帯を建設し、暫定的にヘリ部隊を移駐させ、最終的に米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖に代替基地を造る2段階移設案を米政府に提示した。固定翼機は空自新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県)などへの分散を計画しているが、ヘリ部隊の分散は運用に支障を来すため米側が難色を示す公算が大きい。政府がヘリ部隊の分散移設にこだわれば、移設問題はさらに複雑化する可能性がある。

« 【主張】普天間移設 辻褄合わせは国益を失う | トップページ | 『9条改憲不要』51% 普天間移設先 国外38% »

日米関係」カテゴリの記事