無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国内移設なら期限設定を=社民・阿部氏 | トップページ | 福島氏「自衛隊合憲」認める答弁 ただし「閣僚として」 »

2010年3月13日 (土)

離脱の是非、判断は時期尚早=福島社民党首

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010031300185
離脱の是非、判断は時期尚早=福島社民党首

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は13日、米軍普天間飛行場の移設先が沖縄県内に決まった場合でも連立政権を離脱すべきでないとの声が党内から出ていることについて、都内で記者団に「今は全力で解決策を模索している。(離脱するか)どうするかはその後だ。今の段階で結論を出すことはできない」と述べた。
 また、福島氏は「民意を大事にしない限り、真の解決は訪れない」と語り、移設先との調整を最優先すべきだと強調。「基地が人々の憎悪によって取り囲まれる状況は、米軍にとっても、日米安保にとっても決していい結果を生まない」と指摘した。 (2010/03/13-12:43)

« 国内移設なら期限設定を=社民・阿部氏 | トップページ | 福島氏「自衛隊合憲」認める答弁 ただし「閣僚として」 »

日米関係」カテゴリの記事