無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間移設「極力県外に」=政権批判強まれば進退考慮も-鳩山首相 | トップページ | 普天間移設 シュワブ陸上案強まる »

2010年3月26日 (金)

鳩山首相「県外」に固執=募る沖縄の政権不信-普天間移設

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2010032601166
鳩山首相「県外」に固執=募る沖縄の政権不信-普天間移設

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題は26日、政府が県内での二段階移設案を固め、沖縄、米国との調整に着手したことで新たな段階に入った。一方、鳩山由紀夫首相は記者会見で「県外移設」をなお模索する立場を表明した。首相の言葉と実際の対応の落差に、地元沖縄では政府への反発、不信感が日増しに高まっている。首相が「県内移設断念」に追い込まれれば、政権への打撃は計り知れない。
 「鳩山としては、県外に移設させる道筋を考えたい」。首相は記者会見で、決意を込めてこう語った。自らの献金偽装事件や重要課題での政権内部の混乱が影響し、内閣支持率は下落の一途。首相からは、基地問題で失地回復を図りたい、との焦りものぞいた。
 ただ、抑止力を重視する米国のアジア戦略を考えれば、完全な県外移転はほぼ不可能。政府は(1)当面は名護市のキャンプ・シュワブ陸上部(2)最終的には勝連半島沖を埋め立てた人工島-と沖縄県内での二段階の移設を進めつつ、一部訓練を鹿児島県徳之島など県外に移すことを目指す。
 徳之島への訓練移転は「首相が『県外』と言うから、その要素を入れなければならない」(政府筋)との理由から固まった側面が強い。しかし、徳之島町の高岡秀規町長は、取材に対し「米軍を受け入れることはできない。住民も不安に思っている」と表明した。
 沖縄で政府への不信感が募るのは、途中経過の報告がほとんどなかったことも一因だ。北沢俊美防衛相は同日、沖縄県庁を訪れ、県外への分散移転で負担軽減を図る方針を説明したが、仲井真弘多知事はこの後、記者団に「危険性の除去が完成されるのか、騒音が軽減されるのか。疑問が残る」と疑念を隠さなかった。
 シュワブ沿岸部に移設する現行計画の履行を求める米国との交渉も前途多難だ。岡田克也外相は26日、ルース駐日米大使に日本側の検討状況を説明したが、会談後に大使が発表した声明は「米国政府は(日本政府の方針について)慎重に検討する」と冷淡だった。こうした状況に、民主党内からは早くも「米国は、地元の理解も得られない案では交渉はできないとの立場だ」(中堅)と、段階的移設案の実現性を疑問視する声が漏れる。(2010/03/26-21:18)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
普天間政府案「許せない」=社民・阿部氏

 社民党の阿部知子政審会長は26日、都内で開かれた会合であいさつし、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に最終的に移設する案を固めていることについて、「公共事業を求める人たちと結びついて新基地を建設するのは許せない」と強く批判した。
 阿部氏は「沖縄が公共事業に頼らざるを得なかった構造が、景気悪化の中で再び頭をもたげている。鳩山政権は『コンクリートから人へ』と言っていたのに、なぜまたブーメランのようにそうした流れに擦り寄っていくのか」と強調した。(2010/03/26-21:20)

« 普天間移設「極力県外に」=政権批判強まれば進退考慮も-鳩山首相 | トップページ | 普天間移設 シュワブ陸上案強まる »

日米関係」カテゴリの記事