無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【主張】社民党と自衛隊 国民意識との乖離に唖然 | トップページ | 普天間5月決着失敗なら、下地氏「連立離脱」 »

2010年3月 7日 (日)

空襲被害者:全国組織結成へ 救済立法目指し10日初会合

この間、東京大空襲原告団を応援してきたが、ここまで進んできたことがうれしい。
さきの市民運動全国交流集会でも、市民の立法化運動の一つのテーマとして参加していただいた。新しい情勢の中で、何としてもこの要求を実現したいものだ。(高田)

http://mainichi.jp/select/today/news/20100306k0000e040057000c.html
空襲被害者:全国組織結成へ 救済立法目指し10日初会合

2010年3月6日 15時0分 更新:3月6日 15時53分

 全国の空襲被害者が手を結び、救済のための立法を目指す全国組織の結成に向け動き出した。東京大空襲から65年を迎える10日には、東京、大阪、名古屋の空襲被害者らが東京都内で初会合を開く。東京大空襲の遺族らが呼び掛けたもので、終戦から65年となる8月の発足を目標にしている。空襲被害者や遺族が全国組織を作る動きは初めてという。【森禎行】

 東京大空襲の遺族らは07年3月、国に謝罪と1人当たり1100万円の賠償を求め提訴したが、東京地裁は昨年12月、請求を棄却。原告側は控訴している。判決は「戦争被害者救済は立法を通じて解決すべきだ」と指摘し、これをきっかけに原告や支援弁護士は立法に向けた組織づくりを控訴審と並ぶ重要な柱と位置づけた。

 救済立法をめぐっては、社会党(当時)などが70~80年代に「戦時災害援護法案」を計14回議員提案したが、成立しなかった。今回は、遺族への補償や遺族年金支給、被害実態の調査や追悼展示館の建立などを法案に盛り込みたいと、遺族や支援弁護士は考えている。

 東京空襲犠牲者遺族会(会員約800人)の星野弘会長は「救済立法では全国の被害者が対象となるので、全国の空襲被害者の連携が必要だ。地方の空襲では遺族会がないところも多いので、被害者の声をさらに掘り起こしていきたい」と話す。

 日本本土の空襲は42年4月からで、東京では45年3月10日に約10万人、大阪では同月13~14日に約4000人が死亡するなど、原爆を含めた都市空襲で全国の死者は50万人を超えるといわれている。

    ■主な都市空襲(原爆を除く)

 1945年          死者

 3月10日 東京大空襲  約10万人

13~14日 大阪     約4000人

 5月29日 横浜・川崎  約3800人

 6月 5日 神戸     約3500人

    9日 名古屋    約2100人

19~20日 静岡     約1700人

« 【主張】社民党と自衛隊 国民意識との乖離に唖然 | トップページ | 普天間5月決着失敗なら、下地氏「連立離脱」 »

民衆の運動」カテゴリの記事