無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 離脱の是非、判断は時期尚早=福島社民党首 | トップページ | 普天間移設「連立内で解決策」 社民・福島氏 »

2010年3月13日 (土)

福島氏「自衛隊合憲」認める答弁 ただし「閣僚として」

http://www.asahi.com/politics/update/0312/TKY201003120361.html
福島氏「自衛隊合憲」認める答弁 ただし「閣僚として」

 社民党党首の福島瑞穂少子化担当相は12日の参院予算委員会で、昨年9月の閣僚就任以来、初めて自衛隊を合憲と認めた。ただし、「内閣の一員として」という条件付き。答弁では、党首として「自衛隊の違憲、合憲は結論を出していない」との社民党の方針は保つ考えを示し、審議が一時混乱する場面もあった。

 元自衛官である自民党の佐藤正久氏の質問に答えた。佐藤氏が「自衛隊は合憲ですよね」とただすと、当初、福島氏は「閣僚としての意見は控える。社民党党首ですから」と異例の答弁拒否をしたため、自民党が抗議し、審議が中断した。

 再開後、福島氏は「社民党の方針は変わらない。内閣の一員としては内閣の方針に従う。自衛隊は違憲ではない」と答弁。佐藤氏が「明確に」と迫ると、「はっきり言っている」と語気を荒らげた。

« 離脱の是非、判断は時期尚早=福島社民党首 | トップページ | 普天間移設「連立内で解決策」 社民・福島氏 »

「国内情勢」カテゴリの記事