無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国民投票法施行へ準備/総務省 投票年齢「20歳以上」に | トップページ | 政調復活の会、世話人10人を決定=民主 »

2010年3月15日 (月)

自衛隊移転も検討=普天間、ホワイトビーチ沖案で-官房長官

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010031500322
自衛隊移転も検討=普天間、ホワイトビーチ沖案で-官房長官

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、平野博文官房長官が、米軍ホワイトビーチ(うるま市)がある勝連半島の沖合を埋め立てて代替施設を建設し、航空自衛隊那覇基地(那覇市)の自衛隊機能を併せて移転する案も選択肢の一つとする考えを、民主党沖縄県連側に伝えていたことが15日、分かった。
 平野長官は10日に同県連代表の喜納昌吉参院議員と首相官邸で会談した際、この案について、地元自治体や漁業協同組合が反対していないことを挙げて「持っていきやすい」と指摘。自衛隊移転に関しても「県民が喜ぶのではないか」と述べた上で、「一番いい」と語った。
 一方、下地島空港(宮古島市)への移設案については「米国が反対しているし、中国を刺激しては困る」と難色を示し、伊江島(伊江村)の米軍補助飛行場を活用する案とともに「無理だ」と断じたという。
 ホワイトビーチ沖案に関し、平野長官は15日午前の記者会見で、「過去にいろんなケースがあるという話題の中のひとこま。そういう案をやっているという話をしたわけではない」と説明した。政府はキャンプ・シュワブ陸上部(名護市など)への移設案を軸に検討している。 (2010/03/15-13:02)

« 国民投票法施行へ準備/総務省 投票年齢「20歳以上」に | トップページ | 政調復活の会、世話人10人を決定=民主 »

日米関係」カテゴリの記事