無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 農協九条の会準備も/東北ブロック交流会開く | トップページ | オランダ予定通り撤兵/アフガン駐留 世論が延長阻む/米増派戦略に痛手 »

2010年2月22日 (月)

オバマ提唱「遅すぎた」 第五福竜丸の大石さん

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010022101000356.html
オバマ提唱「遅すぎた」 第五福竜丸の大石さん

2010年2月21日 20時21分

 第五福竜丸の船体の前に立つ元乗組員の大石又七さん=東京都江東区

 1954年、米国が太平洋ビキニ環礁で行った水爆実験で、静岡県焼津市のマグロ漁船「第五福竜丸」が被ばくした事件から3月1日で56年。オバマ大統領の「核兵器なき世界」提唱に期待が高まるが、元乗組員の大石又七さん(76)は「遅い。やっと気付いたのか」と悔しい気持ちで受け止めている。

 「核を持っている人たちが今ごろ何を言っているんだ、と思った。言わないよりはいいけれど」

 船体が保存されている東京都江東区の第五福竜丸展示館。「核なき世界」をうたったプラハ演説への感想を尋ねると、大石さんはきっぱりとした口調で答えた。

 第五福竜丸の乗組員23人は54年3月1日、水爆による「死の灰」で操業中に被ばく。半年後に久保山愛吉さん=当時(40)=が死亡した。

 大石さんも1年余り入院。退院後、東京に移ってクリーニング店を開き、仕事を続けながら証言活動を続けている。
(共同)

« 農協九条の会準備も/東北ブロック交流会開く | トップページ | オランダ予定通り撤兵/アフガン駐留 世論が延長阻む/米増派戦略に痛手 »

民衆の運動」カテゴリの記事