無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【正論】防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛 政権こそ安保50年の意味を学べ | トップページ | 2010年革命軍アピール/ 検修全面外注化阻止決戦で小沢・鳩山政権を打倒しよう »

2010年2月 9日 (火)

社民・国民新、厚労副大臣と協議決裂 派遣法の規制強化

細川律夫は酷いなあ。彼はこの元の悪法案を作った人物じゃないのかな。(高田)
http://www.asahi.com/national/update/0209/TKY201002090165.html
社民・国民新、厚労副大臣と協議決裂 派遣法の規制強化

2010年2月9日11時5分

 政府が今国会への提出をめざす労働者派遣法の改正案について、社民、国民新党は8日、細川律夫厚労副大臣に修正協議を打ち切る考えを伝えた。今後は長妻昭厚労相ら大臣級の協議に格上げし、登録型派遣を禁止する時期を早めるなど、両党が求める修正を働きかけるという。

 派遣法の改正案について、社民、国民新党は(1)仕事があるときだけ雇用契約を結ぶ登録型派遣について、禁止までの猶予期間を最長5年ではなく3年以下にする(2)製造業派遣で、禁止の例外とする常用型の定義を、「雇用期間または雇用見込みが1年以上」から「無期雇用」に改める――よう主張。細川副大臣と協議してきたが同意に至らなかった。

 派遣法の改正は8日の衆院予算委員会でも取り上げられた。登録型の例外として、専門性が高いことを理由に存続が認められる業務に、OA機器の操作にあたる「事務用機器操作」などが含まれていることについて、鳩山由紀夫首相は「パソコンはだれでも使えるような状況になっている。そのままにしておいていいのか」と述べ、対象となる業種の見直しを検討する考えを示した。共産党の志位和夫委員長の質問に答えた。

« 【正論】防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛 政権こそ安保50年の意味を学べ | トップページ | 2010年革命軍アピール/ 検修全面外注化阻止決戦で小沢・鳩山政権を打倒しよう »

「国内情勢」カテゴリの記事