無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間移設案、再協議=福島氏「国内提示」に反対-社民 | トップページ | 社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案-普天間移設 »

2010年2月13日 (土)

陸自幹部の政権批判…「誤解招く」「危機感から」

制服自衛官幹部のこうした発言は許されるべきではない。自衛隊幹部は武力を持った組織の幹部という特別の意味がある。違憲・違法に存在する自衛隊は厳重に憲法・自衛隊法の統制下におかなくてはならない。(高田)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100212-OYT1T01279.htm
陸自幹部の政権批判…「誤解招く」「危機感から」

 陸上自衛隊の現役幹部が、鳩山政権の日米同盟への取り組みに批判的な発言を行った問題で、防衛省は12日、この幹部を訓令に基づく注意処分とした。

 陸自第44普通科連隊長の中沢剛1佐は10日から宮城県で始まった日米共同訓練の開始式で「同盟は政治・外交上の美辞麗句で維持されるものではない」と訓示する予定だった。しかし、実際は「同盟は美辞麗句で維持されるものではなく、ましてや『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものでもない」と言い換え、北沢防衛相が12日、処分する意向を示していた。

 陸上幕僚監部によると、中沢1佐は鳩山首相が米軍普天間飛行場移設問題に関し、オバマ米大統領に「私を信じてほしい」と伝えたことを「引用したり、批判したりしたわけではない」と話しているという。

 今回の発言については、「この時期にああいう発言は誤解を招く」(防衛省幹部)との批判の一方、同情的な見方もある。自衛隊幹部の一人は「日米関係が政治的に不安定だからこそ、現場レベルで協力を維持していかねばならない。発言はそういう危機感の表れではないか」と指摘した。

 自衛隊では、田母神俊雄前航空幕僚長が2008年10月、「我が国が侵略国家だったというのは濡れ衣(ぬぎぬ)だ」などとする論文を無断で発表し、更迭されている。
(2010年2月12日22時07分  読売新聞)

« 普天間移設案、再協議=福島氏「国内提示」に反対-社民 | トップページ | 社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案-普天間移設 »

「国内情勢」カテゴリの記事