無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 官邸主導人事、検察や宮内庁は除外…改正案 | トップページ | 武器輸出三原則の厳守を/吉井議員に 防衛相「見直し」示唆 »

2010年2月10日 (水)

外国人の地方選挙権、首相が慎重姿勢

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100209-OYT1T01090.htm
外国人の地方選挙権、首相が慎重姿勢
激震民主

 鳩山首相は9日の衆院予算委員会で、政府・与党が検討している永住外国人に地方選挙権を付与する法案に関し、国会提出の是非を慎重に判断する立場を示した。

 首相は「政府で考えが一つにまとまっているわけではないし、各党で意見を一致させねばならない。強引に行い過ぎてもいけない話だ」と述べた。一方で、1995年の最高裁判決の傍論をひいたうえで「憲法に抵触する話ではない」と強調した。

 小沢民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で起訴された同党の石川知裕衆院議員への対応については「身の処し方が十分でない、国民の思いと違う、となる時に、党としての判断も当然出てくる」と述べた。

 小沢氏の責任に関しては「小沢一郎個人のイメージが先行している部分もある。丁寧に説明する努力でギャップを埋める必要がある」と、説明責任を果たすよう求めた。そのうえで「国民の『日本の政治を立て直してほしい』との思い(に応じること)もひとつの責任の取り方だ」と述べた。
(2010年2月9日20時26分  読売新聞)

« 官邸主導人事、検察や宮内庁は除外…改正案 | トップページ | 武器輸出三原則の厳守を/吉井議員に 防衛相「見直し」示唆 »

「国内情勢」カテゴリの記事