無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« テニアンに普天間受け入れ前向き 日本政府、移設先に検討か | トップページ | テニアン移設「とんでもない」=防衛政務官 »

2010年2月11日 (木)

官房長官、普天間移設先「検討委では絞り込まず」 複数案提示へ

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100211ATFS1002P10022010.html
官房長官、普天間移設先「検討委では絞り込まず」 複数案提示へ

 平野博文官房長官は10日の記者会見で、沖縄の米軍普天間基地の移設先について、社民、国民新両党の議員が参加する政府・与党の沖縄基地問題検討委員会では移設先を1つに絞り込まず、複数の選択肢を政府に提示する方針を示した。検討委での移設先の最終調整は見送り、政府・与党の首脳部に決定を委ねることにした格好だ。

 平野長官は「(検討委で社民、国民新両党から)意見を拝聴し、政府が引き取って、政府の問題として検討し、結果を出す」と説明。ただ「いったん政府として結論を出してから、基本政策閣僚委員会で意思決定することになるだろう」とも語り、最終的には基本政策閣僚委が判断を下すとの見通しを示した。

 同閣僚委は菅直人副総理・財務相と亀井静香郵政・金融相(国民新党代表)、福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)、平野長官が固定メンバー。政府は同閣僚委の了承を経て、5月末までに移設先を閣議決定する方針だ。(10日 20:28)

« テニアンに普天間受け入れ前向き 日本政府、移設先に検討か | トップページ | テニアン移設「とんでもない」=防衛政務官 »

日米関係」カテゴリの記事