無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 官房長官、普天間移設先「検討委では絞り込まず」 複数案提示へ | トップページ | 岡田外相、韓国外相に「痛み覚える側の気持ち忘れない」 »

2010年2月12日 (金)

テニアン移設「とんでもない」=防衛政務官

ひきつづき、こういうお話が連日。それにしても長島ごときが何をいうか。(高田)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010021100553
テニアン移設「とんでもない」=防衛政務官

 長島昭久防衛政務官は11日のBSフジの番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を米自治領北マリアナ諸島のテニアンに移設する案が与党内で取りざたされていることについて「個人的には、テニアンというのはある種とんでもない(議論の)方向だ」と述べた。社民党が主張するグアム移設案についても「仮にグアムまで(沖縄駐留の)米海兵隊が下がると、何かあったときに(沖縄と比べて)プラス3日かかる」と指摘した。 (2010/02/11-23:19)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010021200272
グアム移設に全力=社民・福島氏

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は12日午前の閣議後の記者会見で、米領グアムのカマチョ知事が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れに難色を示したことについて、「今後頑張って粘り強くやっていきたい。グアム移転で社民としては全力を挙げる」と述べ、グアム移設を引き続き模索する考えを強調した。 (2010/02/12-10:10)

« 官房長官、普天間移設先「検討委では絞り込まず」 複数案提示へ | トップページ | 岡田外相、韓国外相に「痛み覚える側の気持ち忘れない」 »

日米関係」カテゴリの記事