無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 同盟深化、具体策を議論=普天間は平行線-日米 | トップページ | 普天間移設、米国防次官「現行案変更せず」 »

2010年2月 2日 (火)

米国防計画、中国軍拡に深刻な懸念

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100202-OYT1T00497.htm
米国防計画、中国軍拡に深刻な懸念

 【ワシントン=小川聡】米国防総省は1日、オバマ政権による初の本格的な国防戦略となる「4年ごとの国防計画見直し」(QDR)を発表した。

 中国の軍事力拡大や国際テロ、サイバー攻撃など「多様な脅威」への懸念を示した上で、同時発生した二つの地域紛争に勝利するという、冷戦後の「二正面戦略」から、柔軟で適応力の高い米軍の構築へと転換した。日本を含む同盟国と協調する重要性も、これまで以上に強く打ち出した。

 QDRは、国防における優先目標として、〈1〉アフガニスタンとイラクでの今日の戦争に勝利〈2〉紛争の予防・抑止〈3〉幅広い緊急事態への備え〈4〉志願兵体制の維持・強化――の4点を挙げた。

 中国に関しては「軍事近代化計画について限られた情報しか提供しておらず、長期的な意図について多くの疑問が出ている」と深刻な懸念を表明。中国が、弾道・巡航ミサイルや潜水艦、サイバー戦、高性能戦闘機、対衛星兵器などあらゆる分野で能力を高めていると指摘し、これに対抗する能力を整備する方針を示した。

 具体的には、サイバー攻撃に対応するため戦略司令部内に電子戦を指揮する「サイバー司令部」の創設や、ミサイル、戦略爆撃機など長距離打撃力の強化を盛り込んだ。

 一方、QDRは多様な脅威に立ち向かう上で、「同盟強化と新たな友好関係の構築が米安保政策の中核」と強調した。日本に関しては、「米軍再編のロードマップ(行程表)実施を継続し、長期間にわたる日本駐留とグアムの再編を確実にする」と現行計画の履行をうたった。

 気候変動問題を「将来の安全保障環境を規定する重要課題」と位置づけ、初めてQDRに盛り込んだ。同時に発表した「弾道ミサイル防衛見直し」(BMDR)では、イランの脅威に備え、迎撃弾SM3(スタンダード・ミサイル3)の欧州配備を進めるとした。

 ◆米国防計画見直しの骨子◆

 ▽二つの地域紛争に対処する「二正面戦略」から「多様な脅威」への対応に転換

 ▽アフガニスタンとイラクでの勝利、紛争抑止などが優先目標

 ▽中国軍近代化の意図に多くの疑問

 ▽同盟強化は米安保政策の中核

 ▽在日米軍再編のロードマップ(行程表)実施を継続
(2010年2月2日12時35分  読売新聞)

« 同盟深化、具体策を議論=普天間は平行線-日米 | トップページ | 普天間移設、米国防次官「現行案変更せず」 »

「国際情勢」カテゴリの記事