無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 安倍氏会長の「真保守研」、「創生『日本』」に名称変更 | トップページ | 「移設先、辺野古なら辞職」 稲嶺・名護新市長が強調 »

2010年2月 6日 (土)

田村氏に民主入り要請=実現なら参院会派は過半数に-小沢氏

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010020500742
田村氏に民主入り要請=実現なら参院会派は過半数に-小沢氏

 民主党の小沢一郎幹事長は5日午後、自民党を離党した田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)と民主党本部で会い、「経済や財政に明るい君の力を貸してほしい」と入党を要請した。田村氏は「考えさせてほしい」と答えた。実現すれば、民主党が国民新党などとつくる参院会派の勢力は121議席となり、社民党抜きでも事実上の過半数に達することになる。
 小沢氏はまた、夏の参院選で民主党が鳥取選挙区に新人候補を擁立しようとしていることに触れ、「(田村氏と合わせて)2人が立てば、結果として自民党に議席を与えることになる。何とかそこを調整できないか」と指摘。田村氏が入党すれば、比例代表候補として処遇したいとの意向を暗に示した。
 会談後、田村氏は「週末に地元で主要な(支援者の)方と話し、決断しなければならない。非常に魅力的な話だ」と記者団に語り、入党を前向きに検討する考えを示した。田村氏は週明けにも小沢氏に会い、要請への回答を伝える考えだ。 
 参院の定数は242で、過半数は122。民主党の江田五月議長は慣例で可否同数となった場合以外は採決に加わらないため、事実上の過半数は121となる。(2010/02/05-22:08)

« 安倍氏会長の「真保守研」、「創生『日本』」に名称変更 | トップページ | 「移設先、辺野古なら辞職」 稲嶺・名護新市長が強調 »

「国内情勢」カテゴリの記事