無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 5月までの決着に期待=グレグソン次官補沖縄訪問へ-米国防総省 | トップページ | アフガン支援 軍事化に警告/“人々を危険にさらす”/ »

2010年1月28日 (木)

普天間、5月決着に悲観論=「法的措置」発言が波紋

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010012701004
普天間、5月決着に悲観論=「法的措置」発言が波紋

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、平野博文官房長官が27日、移設先となる地元自治体の合意が得られない場合の法的決着の可能性に重ねて言及したことで、政府・与党内に波紋が一層広がった。同県名護市辺野古に移設するとした現行計画の代替案探しが難航する中、鳩山由紀夫首相が明言する「5月までの決着」を危ぶむ見方も出始めている。
 平野長官は同日の記者会見で、普天間移設先の自治体が受け入れを拒否した場合の対応に関して「理解を求めることは絶対必須」としながらも、「手続きも含めて法律でやらなければならない部分もある」と、前日に続いて言及。土地の強制収用などに踏み切る可能性についても「一般論としてはある」と否定しなかった。 
 名護市長選で移設反対派の稲嶺進氏が勝利したことで、現行計画の実現は極めて困難となった。
 一方、鳩山政権発足後、新たな移設先候補として米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)や下地島(同県宮古島市)、海上自衛隊大村基地(長崎県大村市)などが浮上。首相周辺では、徳之島(鹿児島県奄美群島)への移設の可否を探る動きも出てきた。しかし、いずれも地元や米軍の反対で、有力な案とはなり得ていない。
 平野長官の一連の発言は、こうした現状を踏まえ、現行計画も移設先の選択肢に残す狙いがあるとみられる。名護市長選後も日米合意の履行を求める方針を変えていない米国への配慮の側面もありそうだ。政府関係者も27日、「民意を斟酌(しんしゃく)するというのは建前だ」と語り、平野長官に同調した。
 しかし、平野長官は政府・与党の沖縄基地問題検討委員会を主宰する立場だ。にもかかわらず強硬手段の可能性にわざわざ触れたことに対し、与党内や沖縄県には反発が拡大。社民党幹部は「あんな強権的な発言は自公政権でもしなかった」と語り、怒りをあらわにした。
 こうした中、民主党の小沢一郎幹事長は那覇市内で稲嶺氏と会談し、「民意は重い」と表明、名護市長選の結果を尊重する立場から現行計画に否定的な考えを示した。
 首相も27日の参院予算委員会で、「沖縄県民の頭越しに解決するつもりはない」と沈静化に努めると同時に、「5月末までに必ず結論を出す」と重ねて強調した。だが、混乱が続く状況に、民主党内からは「5月決着はますます難しくなった」(中堅)との声も漏れている。

◇普天間・主な移設候補地
【沖縄県内】
◇米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)
 移設先として日米が2006年に合意。名護市長選で移設反対派が当選
◇米軍嘉手納基地(嘉手納町など)
 統合案に米軍が難色を示しているほか、地元も反対
◇下地島(宮古島市)
 過去の日米協議で検討されたが、沖縄本島から遠いことなどを理由に見送りに
◇伊江島(伊江村)
 過去の日米協議で検討されたが、地元の反対などで見送りに
【沖縄県外】
◇陸上自衛隊東富士演習場(静岡県)
 米側がヘリ訓練の一部移転を提示。地元が受け入れに反対
◇海上自衛隊大村基地(長崎県)
 鳩山首相の私的勉強会が候補地として提示。地元が受け入れに反対
◇徳之島(鹿児島県)
 一部で浮上。地元や米側との調整が課題
【国外】
◇グアム(米)
 社民党が主張。抑止力維持の観点から鳩山首相は否定的な見解を表明
(2010/01/27-22:33)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010012701016
普天間移設「民意は重い」=次期名護市長と会談-小沢氏

 民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、那覇市内のホテルで沖縄県名護市の稲嶺進次期市長と会談した。同席者によると、小沢氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に関し、「政府の頭越しで意見を言うことは控えたいが、民意は重い。しっかり理解しているので、私の立場で対応したい」と述べた。
 小沢氏の発言は、名護市辺野古への移設に反対する稲嶺氏が先の同市長選で勝利したことを踏まえ、民意を尊重して辺野古への移設に反対する姿勢を示したとみられる。政府内での議論にも影響を与えそうだ。
 小沢氏は昨年12月の与党幹事長・国対委員長の会合でも「きれいな海を埋めるのは駄目だ」と述べ、辺野古への移設に否定的な見解を示していた。 
 一方、小沢氏はこの後、那覇市内のホテルで開かれた同党参院議員の集会に出席。夏の参院選について「旧体制との最終戦と位置付けている。新しい政権の基盤をしっかりとすることで、国民に目を向けた政治、議会制民主主義がきちんと定着することができる」と単独過半数獲得に向けた決意を強調した。自身の資金管理団体をめぐる事件には言及しなかった。(2010/01/27-22:17)

« 5月までの決着に期待=グレグソン次官補沖縄訪問へ-米国防総省 | トップページ | アフガン支援 軍事化に警告/“人々を危険にさらす”/ »

日米関係」カテゴリの記事