無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 官房長官は発言撤回を=社民・照屋氏 | トップページ | 社民人事 国対委員長に照屋氏、阿部氏は政審会長留任へ »

2010年1月27日 (水)

非核三原則、今後も徹底=鳩山首相が表明-参院予算委

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
非核三原則、今後も徹底=鳩山首相が表明-参院予算委

 鳩山由紀夫首相は27日午後の参院予算委員会で、核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませない」とした非核三原則について「『持ち込ませず』を含め、これからも周知徹底していく。すなわち、三原則を守っていく」と述べ、堅持する考えを改めて示した。公明党の山口那津男代表への答弁。
 日米間の核持ち込みなどの「密約」をめぐっては、岡田克也外相が設置した有識者委員会が現在、検証作業を進めている。外務省の調査では、米軍の核搭載艦船の寄港の黙認など密約の存在を裏付ける文書が既に見つかっており、政府が最終的に密約を認める立場に転じた場合は、非核三原則との整合性が問われることになる。 
 山口氏はまた、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、平野博文官房長官が法的措置による決着の可能性に言及した真意をただした。平野長官は、移設先の選定について「(政府・与党の)沖縄基地問題検討委員会においてゼロベースで検討するが、当該自治体、関係者の理解を求めて進めないといけない」と述べるにとどめた。
 一方、首相は、今年の春闘に関して「簡単に(定期)昇給できる状況ではない」と日本経団連側の立場に理解を示した26日の自らの発言について、「経営側の主張していることを単に紹介しただけで、労使が意見交換して結論を出すべきものだ。介入する立場ではない」と釈明した。民主党の辻泰弘氏への答弁。(2010/01/27-17:00)

« 官房長官は発言撤回を=社民・照屋氏 | トップページ | 社民人事 国対委員長に照屋氏、阿部氏は政審会長留任へ »

「国内情勢」カテゴリの記事