無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 1・30全国集会に6000人 | トップページ | 辺野古「社民が許さぬ」=福島氏 »

2010年1月31日 (日)

国民投票法 施行延期の意見も

http://www3.nhk.or.jp/news/k10015339531000.html#
国民投票法 施行延期の意見も

憲法改正の手続きを定める国民投票法をめぐり、民主党では、ことし5月の施行日までに、選挙権などの年齢を18歳に引き下げるための法改正を行うのは難しいとして、施行日を3年程度延期する案が出ており、憲法改正をめぐる意見の違いもからんで、今後、議論が行われる見通しです。

憲法改正の手続きを定める国民投票法は、国民投票の投票権を原則として18歳以上としており、これにあわせて、法律の付則に、ことし5月の施行日までに、民法や公職選挙法を改正して、成人年齢や選挙権を与える年齢を18歳に引き下げるよう法整備を図ることが盛り込まれています。こうした中、民主党内では、「成人年齢の引き下げの議論は進んでいるが、選挙権については、検討すら行われておらず、法律の施行日までに引き下げを行うことは難しい」として、今の国会に、施行日を3年程度延期する法律の改正案を、超党派の議員立法で提出すべきだという案が出ています。ただ、その一方で、党内には、施行日を延期すれば、その間、憲法改正の発議ができなくなるとして、これに反対する意見もあり、憲法改正をめぐる意見の違いもからんで、今後、議論が行われる見通しです。

« 1・30全国集会に6000人 | トップページ | 辺野古「社民が許さぬ」=福島氏 »

改憲動向」カテゴリの記事