無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 防衛相補佐官に西元氏を起用へ 元統合幕僚会議議長 | トップページ | 普天間移設:長崎の自衛隊施設提示 首相勉強会/移設先に挙がった大村市と佐世保市 »

2010年1月 6日 (水)

イエメンに巡視船供与検討…海賊対策で政府

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100105-OYT1T00084.htm
イエメンに巡視船供与検討…海賊対策で政府

 ソマリア沖の海賊対策で、政府は対岸のイエメンに30メートル級の巡視船1隻(約10億円)を供与する方向で検討に入った。

 アデン湾・紅海に沿って約2500キロ・メートルの長い海岸線を有する同国沿岸警備隊の取り締まり能力の強化のため、政府開発援助(ODA)の無償資金協力の枠組みで供与する。早ければ2012年ごろにも巡視船を引き渡したい考えだ。

 巡視船は「武器」に該当し、外国への武器輸出を禁止する「武器輸出3原則」の例外とするため、イエメン側から〈1〉テロ・海賊取り締まりなどに用途を限定〈2〉日本政府の同意なく、第三者に移転しない――ことなどの約束を取り付け、交換公文を交わす予定だ。

 ソマリア沖では最近、海賊事件が急増し、09年中は前年比で約2倍の215件に達した。現在は日本の海上自衛隊をはじめ、約30か国、30~40隻の海軍艦船が海賊対処活動を行っているが、周辺国の沿岸警備隊の取り締まり能力が不十分なため、装備の拡充や人材育成が課題となっている。
(2010年1月6日01時02分  読売新聞)

« 防衛相補佐官に西元氏を起用へ 元統合幕僚会議議長 | トップページ | 普天間移設:長崎の自衛隊施設提示 首相勉強会/移設先に挙がった大村市と佐世保市 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事