無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 平野官房長官の発言要旨=普天間移設問題 | トップページ | ソマリア沖での海賊対処100回に 562隻を護衛 »

2010年1月27日 (水)

普天間移設、硫黄島案取り下げ=社民

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010012600982
普天間移設、硫黄島案取り下げ=社民

 社民党は26日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関するプロジェクトチームの会合を開き、同党が提起していた硫黄島(東京都小笠原村)への移設案を取り下げることを決めた。同島では現在も火山活動が続いていることを考慮した。米領グアムへの移設案は堅持し、政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に提示する方針だ。 
 会合では、新たな移設先として取りざたされる長崎県の県連から「党が示す移設案は国外だけにすべきだ」と求められたことが報告された。しかし、同チームの照屋寛徳座長は「グアムだけにはならない」と記者団に語り、国内の移設先も提示したいとの考えを示した。(2010/01/26-21:32)

« 平野官房長官の発言要旨=普天間移設問題 | トップページ | ソマリア沖での海賊対処100回に 562隻を護衛 »

日米関係」カテゴリの記事