無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 平和協定締結交渉、早期開始を=北朝鮮が提案 | トップページ | 米、北朝鮮の「平和協定」提案を事実上拒否 »

2010年1月12日 (火)

核密約の報告書「月内は困難」 有識者委

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100112ATFS1102011012010.html
核密約の報告書「月内は困難」 有識者委

 核持ち込みなど日米の密約を検証するために岡田克也外相が設置した有識者委員会(座長、北岡伸一東大教授)は11日の会合で、当初予定していた1月中の報告書のとりまとめは困難との認識で一致した。資料の確認作業や外務省OBへの聞き取り調査などに時間がかかっているため。2月中のとりまとめを目指す方針だ。

 この日の会合では、沖縄返還交渉での核の再持ち込みに関する密約を巡り、佐藤栄作元首相の遺族が保管していた文書の写しを外務省側が配布。同文書は佐藤元首相とニクソン大統領がフルネームで署名したもので、有識者委員会は同文書は密約を裏付けるものであると認定した。

 これにより、これまでの有識者委の検証作業では(1)核搭載艦船の寄港・領海通過(2)朝鮮有事の際の在日米軍基地の自由使用(3)沖縄への核の再持ち込み――に関する密約があったとの見方を固めつつある。一方、沖縄返還の際の経費の肩代わりに関しては裏付け資料が今のところ見つかっていない。(00: 39)

« 平和協定締結交渉、早期開始を=北朝鮮が提案 | トップページ | 米、北朝鮮の「平和協定」提案を事実上拒否 »

日米関係」カテゴリの記事