無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「夫婦別姓」子供たちの姓は統一…民法改正案 | トップページ | 海自補給活動 中国が“後釜”を検討  政府に広がる警戒感 »

2010年1月11日 (月)

内閣支持56%、小沢氏説明不足91%…読売調査

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100111-OYT1T00044.htm
内閣支持56%、小沢氏説明不足91%…読売調査
世論調査

 読売新聞社が8~10日に実施した全国世論調査(電話方式)で、鳩山内閣の支持率は56%(前回55%)、不支持率は34%(同33%)だった。

 菅副総理への財務相交代が、政権運営にプラスの影響を与えると思う人は47%で、「マイナスの影響」33%を上回った。ただ、鳩山首相が政権運営で指導力を「発揮してきた」との答えは18%にとどまり、「そうは思わない」が73%を占めた。政府・与党で最も影響力がある人のトップは小沢民主党幹事長68%で、続く首相は10%だった。

 小沢氏が「政治とカネ」の問題で、説明責任を果たしていないと思う人は91%に達した。首相が偽装献金での元秘書起訴後も続投していることには「納得できる」が52%、「納得できない」も40%あった。

 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先については、「日米合意通りにする」44%(同34%)、「国外に移す」30%(同35%)、「県外に移す」13%(同14%)となった。「子ども手当」に所得制限を設けないことには「評価しない」が61%に上った。

 政党支持率は民主39%(同43%)、自民は過去最低の16%(同18%)。今夏の参院比例選の投票先は民主35%、自民20%だった。
(2010年1月11日03時10分  読売新聞)

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100111/stt1001111643007-n1.htm
「小沢氏は説明不足」85% 共同通信世論調査、内閣支持率は横ばい
2010.1.11 16:41

 共同通信社が10、11両日に実施した全国電話世論調査で、民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」問題をめぐる説明責任について「果たしていない」「あまり果たしていない」との回答が合わせて85.4%に上った。鳩山内閣の支持率は昨年末の前回調査から3.6ポイント増の50.8%でほぼ横ばいだった。不支持率は33.2%。

 菅直人財務相に関しては「期待する」「ある程度期待する」が計59.0%で、「期待しない」「あまり期待しない」の計35.2%を上回った。

 平成22年度予算案の編成を担当した藤井裕久氏の財務相辞任が政権運営に与える影響については、計67.2%が「影響がある」「ある程度影響がある」とした。

 政党支持率は民主党が38.7%(前回比2.6ポイント増)、自民党が17.3%(同6.4ポイント減)と両党の差が拡大した。

« 「夫婦別姓」子供たちの姓は統一…民法改正案 | トップページ | 海自補給活動 中国が“後釜”を検討  政府に広がる警戒感 »

「国内情勢」カテゴリの記事