無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« インド洋給油終了 薄れる日本の存在感 | トップページ | 柔軟路線、一層鮮明に=生き残りへ保守層に照準-共産党大会 »

2010年1月17日 (日)

参院選前に新党結成=「民主の過半数阻止」-平沼氏

民主党が議会制民主主義への不信を増加させている罪は重い。しかし、平沼のような復古主義者にこのようなことを言う資格はない。「みんなの党」にしても、平沼新党にしても、自民離れする票を保守・改憲派につなぎ止める役割でしかない。この企てを暴露し、失敗させよう。(高田)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010011600316
参院選前に新党結成=「民主の過半数阻止」-平沼氏

 平沼赳夫元経済産業相は16日夜、岡山県津山市で開かれた後援会新年会であいさつし、今夏の参院選に向けた対応について「自民党としっかり連携していくとともに、新しい流れ、新しい政党をつくる」と述べ、参院選前に新党を結成する考えを明言した。
 平沼氏は民主党政権について「自民党以上に金権体質を持っている。鳩山由紀夫首相は母親から12億円もらっておきながら知らなかったと平気でうそをつく。小沢一郎幹事長も秘書が逮捕されても幹事長を続けている」と強く批判。さらに「民主党は衆院で多数を取って、やりたい放題やっている。その上、参院で単独過半数を取ったら日本に全体主義が生まれる恐れがある。そうなったら日本はおしまいだ」と述べた。 (2010/01/16-20:11)

« インド洋給油終了 薄れる日本の存在感 | トップページ | 柔軟路線、一層鮮明に=生き残りへ保守層に照準-共産党大会 »

「国内情勢」カテゴリの記事