無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 外国人参政権、拙速避けるべき…総務相は慎重 | トップページ | 施政方針演説/国民の不満と不信に応えたか »

2010年1月30日 (土)

施政方針演説:「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100130k0000m010127000c.html
施政方針演説:「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり

 鳩山由紀夫首相が行った29日の施政方針演説で、日米同盟に関して原案に盛り込まれていた「抑止力」の語句が削除されていたことが分かった。25日に首相官邸で開かれた基本政策閣僚委員会で社民党が要求したためで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を巡って駆け引きを繰り広げる民主、社民両党の姿が浮き彫りになった。

 基本政策閣僚委には首相、社民党党首の福島瑞穂消費者担当相、国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相の与党3党党首らが出席した。席上、福島氏が「抑止力」の語句を外すよう要求し、民主党側は「東アジア共同体を日米関係より前にもってきており、(対米配慮から)日米同盟を評価する言葉として外せない」と反論。意見交換のほとんどがこのやり取りに費やされた結果、外すことになった。

« 外国人参政権、拙速避けるべき…総務相は慎重 | トップページ | 施政方針演説/国民の不満と不信に応えたか »

日米関係」カテゴリの記事