無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米の3密約、存在認定へ 政府、見解変更へ対米調整 | トップページ | 施政方針演説:「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり »

2010年1月30日 (土)

外国人参政権、拙速避けるべき…総務相は慎重

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100130-OYT1T00266.htm
外国人参政権、拙速避けるべき…総務相は慎重

 原口総務相は30日午前の読売テレビの番組で、今国会への提出が検討されている永住外国人に地方参政権を付与する法案について、「民主主義の根幹にかかわることは行政府がやるのではなく、国権の最高機関である国会がやるべきだ。しっかりと議論し、拙速を避けることが大事だ」と述べた。

 同法案の内容が政府提出法案にはなじまず、法制化にあたっても慎重な検討が必要だとの考えを示したものだ。

 同法案が政府提出となる場合には所管大臣となる原口氏の発言は、波紋を広げそうだ。

 原口氏は、付与の対象となる永住外国人について、「サンフランシスコ講和条約で日本国籍を離脱しなければならなかった特別永住外国人への付与と、それ以外の人とでは全く議論が違う」と指摘。国内でも賛否両論があることを念頭に、「政府が民主主義の基本のところを『こっちだ』と言って多数決でやっていいのか。慎重であるべきだ」と強調した。

 同法案を巡っては、民主党の小沢幹事長が政府提出法案としての早期成立に意欲を見せる一方、国民新党代表の亀井金融相は反対の意向を表明している。
(2010年1月30日10時18分  読売新聞)

« 日米の3密約、存在認定へ 政府、見解変更へ対米調整 | トップページ | 施政方針演説:「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり »

「国内情勢」カテゴリの記事