無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 野党、小沢氏の責任追及 社民も言及、民主は様子見 | トップページ | インド洋給油、終結を命令=新テロ特措法が期限切れへ-北沢防衛相 »

2010年1月14日 (木)

法制局長官の出席認めず 通常国会から答弁封印

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010011301000993.html
法制局長官の出席認めず 通常国会から答弁封印

2010年1月14日 02時02分

 政府は13日、次期通常国会の審議に出席、答弁させる「政府特別補佐人」から内閣法制局長官を除外する方針を固めた。14日に開かれる衆参両院の議院運営委員会理事会で各党に提示する。与党は小沢一郎民主党幹事長の主導により、法制局長官を含めた官僚答弁の原則禁止を盛り込んだ国会法改正案を通常国会で成立させる方針だが、鳩山内閣として法案成立に先立ち法制局長官答弁の「封印」に踏み切る格好だ。

 ただ「政府の憲法解釈の番人」とされてきた法制局長官の答弁禁止は、与党内にも「時の政権による恣意(しい)的な憲法解釈の変更につながる」との慎重論がある。国会法改正案の十分な審議を経ない形での答弁禁止に野党側が反発するのは必至。

 国会法69条は、内閣が衆参両院議長の承認を得て、首相や閣僚を補佐するために内閣法制局長官、人事院総裁、公正取引委員会委員長、公害等調整委員会委員長の4人を政府特別補佐人として国会の会議、委員会に出席させることができると規定している。政府は14日の衆参議運委理事会で法制局長官を除いた3人を補佐人として提示する方針だ。
(共同)

« 野党、小沢氏の責任追及 社民も言及、民主は様子見 | トップページ | インド洋給油、終結を命令=新テロ特措法が期限切れへ-北沢防衛相 »

改憲動向」カテゴリの記事