無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 鳩山首相談話全文(安保50年) | トップページ | 米次官補、2月訪日へ 普天間問題解決を「確信」 »

2010年1月19日 (火)

抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書-日米

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書-日米

 日米安保条約改定の署名から50年の節目となる19日、両国の外務・防衛担当閣僚は日米同盟がアジア太平洋地域の平和と安定のため果たしてきた役割を評価するとともに、国際的な安全保障環境の変化に対応し、深化させていくとした共同文書を発表した。日米が必要な抑止力を維持しつつ、オバマ米大統領が訴えた「核のない世界」を追求することを掲げた。
 共同文書は、在日米軍基地に関して「沖縄を含む地元の基地負担を軽減する」とした上で、「米軍の適切な駐留を含む抑止力を維持する努力を支持」するとの表現で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の解決に努める方針を示した。
 北朝鮮の核・ミサイル計画への対処のほか、6カ国協議での日米協力の重要性を指摘。台頭する中国にも言及し「中国が国際場裏(国際社会)において責任ある建設的な役割を果たすことを歓迎」すると表明、中国との地域協力を図るための日米連携をうたった。
 共同文書は、同盟を深化させるための日米対話の強化も強調。日本側は、懸案の普天間問題の結論を5月までに出した上で、今年前半に日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開催したい意向。11月に横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するオバマ米大統領の来日までの合意を目指す。 (2010/01/19-17:06)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010011900576
共同文書要旨=日米安保改定50年

 日米の外務・防衛担当閣僚が19日に発表した、日米安全保障条約50周年に関する共同文書の要旨は以下の通り。
 日米安保条約署名50周年に当たり、日米の外務、防衛担当閣僚は日米同盟が両国の安全と繁栄とともに、地域の平和と安定の確保にも不可欠な役割を果たしていることを確認する。
 アジア太平洋地域において不確実性、不安定性は依然として存在しており、国際社会全体でもテロ、大量破壊兵器の拡散といった新たな脅威が生じている。日米安保体制は引き続き日本の安全と、アジア太平洋地域の平和と安定を維持するため不可欠な役割を果たしていく。沖縄を含む地元の基地負担を軽減し、変化する安全保障環境の中で米軍の適切な駐留を含む抑止力を維持する努力を支持し、同盟が引き続き地域の安定の礎石であり続けることを確保する。
 日米は北朝鮮の核、ミサイル計画による脅威に対処し人道上の問題に取り組むため緊密に協力し、6カ国協議を含むさまざまな国際的な場を通じて日米のパートナーの国とも協力している。中国が国際場裏で責任ある建設的な役割を果たすことを歓迎し、中国との協力関係を発展させるため努力する。
 日米は必要な抑止力を維持しつつ、大量破壊兵器の拡散を防止し、核兵器のない世界の平和と安全を追求する努力を強化。国際テロに対する闘いで緊密に協力することも決意する。
 さらに揺るぎない同盟を築き、21世紀の変化する環境にふさわしいものにすることを改めて決意。このため幅広い分野における日米安保協力をさらに推進し、深化するために行っている対話を強化する。(2010/01/19-16:27)

« 鳩山首相談話全文(安保50年) | トップページ | 米次官補、2月訪日へ 普天間問題解決を「確信」 »

日米関係」カテゴリの記事