無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国会改革法案骨子作成へ=民主 | トップページ | 戦略室などに民主・枝野氏ら=「仕分け人」含め12議員 »

2009年12月10日 (木)

憲法解釈権 内閣法制局から剥奪 民主の国会改革案判明

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091210-00000063-san-pol

憲法解釈権 内閣法制局から剥奪 民主の国会改革案判明

12月10日7時56分配信 産経新聞
 民主党政治改革推進本部(本部長・小沢一郎幹事長)が作成した官僚答弁の禁止など国会改革の詳細を記した内部資料が9日、明らかになった。資料は国会法など国会審議活性化関連法案の骨子と想定問答集。想定問答集は、内閣法制局長官について「憲法解釈を確立する権限はない。その任にあるのは内閣だ」とし、自民党政権下で内閣法制局が事実上握ってきた「憲法解釈権」を認めない立場を強調している。

 さらに「内閣の付属機関である内閣法制局長官が憲法解釈を含む政府統一見解を示してきたことが問題で、本来権限のある内閣が行えるよう整備するのが目的」と明記した。法制局長官の国会答弁を認めないことを通じ、憲法の解釈権は国会議員の閣僚が過半数を占める内閣が実際上も行使する方針を示したものだ。

 ただし「憲法解釈の変更を目的にして、今回の改正があるわけではない」と、憲法9条の解釈変更への道を開くとして警戒する社民党への配慮も示した。

 法案骨子は(1)国会で答弁する政府特別補佐人から法制局長官を除く(2)内閣府設置法と国家行政組織法を改正し副大臣、政務官の定数を増やす(3)衆参両院の規則を改正し政府参考人制度を廃止(4)国会の委員会に法制局長官を含む行政機関の職員や学識経験者、利害関係者からの意見聴取会を開く-の4点を挙げた。

 民主党政治改革推進本部は9日の役員会で骨子案を大筋で了承した。来週にも与党幹事長会談を開き、合意を得たい考えだ。

« 国会改革法案骨子作成へ=民主 | トップページ | 戦略室などに民主・枝野氏ら=「仕分け人」含め12議員 »

改憲動向」カテゴリの記事