無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「普天間」越年、小沢氏の影=連立優先に首相逆らえず | トップページ | ルース米大使が日本側に激怒 岡田外相らの面前で大声張り上げる 普天間移設の年内決着断念で »

2009年12月 5日 (土)

外相に宜野湾市長反論「危険除去と移設は別」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091205-OYT1T00462.htm
外相に宜野湾市長反論「危険除去と移設は別」

 岡田外相は5日午前、那覇市内で、米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の伊波洋一市長と会談した。

 岡田氏は、4日の日米外務・防衛当局の閣僚級作業部会で、米側が同飛行場を米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行案の早期履行を強く求めたことを受け、「状況は厳しく、米国は辺野古以外の選択肢はないという。このまま行くと普天間の危険性がなくならないことを最も懸念している」と述べ、現行案での早期決着もやむを得ないとの考えをにじませた。現行案に反対している伊波氏は「危険性除去と移設は別の話だ」と反論した。

 これに先立ち、岡田氏は地元経済界関係者とも意見交換し、社民党が現行案に反対していることに関連し、「連立を壊してまで現行案をできるか。かといって、結論を延ばせば米国との関係も壊す。難しい状況だ」と説明した。「県外移設だと(交渉が難航して)普天間が固定化される。県民はそれでいいのか」とも訴えた。
(2009年12月5日11時36分  読売新聞)

« 「普天間」越年、小沢氏の影=連立優先に首相逆らえず | トップページ | ルース米大使が日本側に激怒 岡田外相らの面前で大声張り上げる 普天間移設の年内決着断念で »

日米関係」カテゴリの記事