無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(106)煉瓦塀に咲いたドコンジョ菊 | トップページ | 普天間、グアム移設を否定=「抑止力の点で無理」-鳩山首相 »

2009年12月26日 (土)

民主「参院選で単独過半数目標」 10年度方針案が判明

http://www.asahi.com/politics/update/1226/TKY200912250539.html
民主「参院選で単独過半数目標」 10年度方針案が判明

2009年12月26日9時25分

 来年1月の民主党大会で採択される2010年度活動方針案が明らかになった。「国民が政権交代の果実を実感できる年にする」と宣言し、来夏の参院選で「単独過半数を目指す」と明記。「衆参両院での民主党過半数を足場にして、民主党中心の政権が提出するマニフェスト関連の法案等を確実に成立させる道筋を作る」としている。

 連立政権の不安定さを克服する姿勢を明確にする一方、与党の社民、国民新両党との関係については来年1月からの通常国会での「連携」を記した程度。参院選後の連立政権維持には言及していない。

 通常国会では「今年度2次補正予算案の早期成立と来年度予算案の年度内成立」を目指し、国会改革関連法案については「政治主導を実現するため、与野党間の協議を促進し、成立に向けて全力を尽くす」としている。

 参院選対策では、改選数2以上の選挙区における候補者の「複数擁立」を含め「早期に全選挙区の選挙体制の確立を進める」と同時に、現職議員がいない衆院選挙区での人材発掘も進めるとしている。(金子桂一)

« 雑記(106)煉瓦塀に咲いたドコンジョ菊 | トップページ | 普天間、グアム移設を否定=「抑止力の点で無理」-鳩山首相 »

「国内情勢」カテゴリの記事