無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 半島有事文書、核黙認の討論記録…密約調査で発見 | トップページ | 道州制めぐり初会合=経団連と意見交換-総務省 »

2009年12月11日 (金)

米の本音は普天間存続=「変化なしがベスト」-鳩山首相が認識

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009121100339
米の本音は普天間存続=「変化なしがベスト」-鳩山首相が認識

 鳩山由紀夫首相は11日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、首相官邸で記者団に対し「アメリカとしては、何も変わらないのが心の中ではベストだという気持ちは伝わってきている」と述べた。米側は、現行計画に基づきキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設するよりも、普天間飛行場を維持することを本音では望んでいるとの認識を示したものとみられる。
 その上で、首相は「普天間の住民が長年にわたって危険と一緒に住み、また騒音の問題も考えれば、そういう結論にしてはいけない。そうならないように最大限努める」と述べ、普天間飛行場の存続につながらないよう全力を挙げる考えを強調した。 (2009/12/11-11:42)

« 半島有事文書、核黙認の討論記録…密約調査で発見 | トップページ | 道州制めぐり初会合=経団連と意見交換-総務省 »

日米関係」カテゴリの記事