無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国会法改正 法案の骨子を提示 | トップページ | 雑記(105)葉の落ちた銀杏の並木 »

2009年12月17日 (木)

普天間「針の穴にロープ通す」=首相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
普天間「針の穴にロープ通す」=首相

 鳩山由紀夫首相は17日付のメールマガジンで、結論を来年に先送りした米軍普天間飛行場の移設問題について「(移設先の選定は)針の穴にロープを通すくらい難しいことかもしれない。でも私はあきらめていない」と、決着に全力を挙げる意向を示した。
 首相は「発言がぶれたとか、決断力がないなどといった記事が飛び交っているようだ」と指摘。「無責任な先延ばしをするつもりはない。日米共に、それが許される状況ではない」として、新たな移設先の最終判断は自ら行う考えを強調した。さらに、「沖縄県民にも米国にも、それぞれ満足とはいかないまでも理解を求め、移設先を決定する」としている。 (2009/12/17-15:48)

« 国会法改正 法案の骨子を提示 | トップページ | 雑記(105)葉の落ちた銀杏の並木 »

日米関係」カテゴリの記事