無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 戦時下ソマリアで奮闘1カ月=邦人女性医師の黒崎さん | トップページ | 首相「憲法改正議論を」連立に新たな火種 »

2009年12月27日 (日)

自衛隊派遣の恒久法案検討=自民、安保で違いアピール

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009122700051
自衛隊派遣の恒久法案検討=自民、安保で違いアピール

 自民党は27日、自衛隊の海外派遣を随時可能にする「恒久法案」を、来年1月召集の通常国会に提出する方向で検討に入った。民主党政権の「アキレスけん」とされる安全保障政策で積極的な取り組み姿勢をアピールし、夏の参院選に向け、旧来の支持基盤である保守層を引き込む狙いがある。
 自衛隊の海外派遣は国連平和維持活動(PKO)協力法に基づく場合などを除き、その都度、新テロ対策特別措置法など個別の特措法を整備する必要がある。このため自民党は与党時代から、「迅速性に欠ける」などとして恒久法制定を模索してきた。
 今回提出を目指す法案は、石破茂政調会長が党防衛政策検討小委員長だった2006年にまとめた国際平和協力法案(石破私案)がベースとなる見通し。(1)国会の事前承認を前提に、国連決議や国際機関の要請がなくても政府の判断で派遣が可能(2)他国軍隊が襲われた際の「駆け付け警護」を認めるなど、武器使用基準を緩和-など踏み込んだ内容だ。 
 鳩山政権が米軍普天間飛行場移設問題の結論を先送りし、外交・安保政策での迷走ぶりが際立つ中、石破氏は「日本が世界のためにいかなる責務を果たすかが極めて重要。鳩山政権に対するアンチテーゼになる」と、法案提出に意欲を示している。
 ただ、武器使用基準の緩和をめぐっては、海外での武力行使を禁じた憲法に抵触する恐れがあるとして、自民党内には慎重論も根強い。法案提出にこぎつけたとしても、「審議されずに廃案になる」(同党幹部)との見方が支配的で、アピール効果を疑問視する声もある。(2009/12/27-14:23)

« 戦時下ソマリアで奮闘1カ月=邦人女性医師の黒崎さん | トップページ | 首相「憲法改正議論を」連立に新たな火種 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事