無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間で一両日中にも政府方針 首相が強調 | トップページ | 普天間問題、結論5か月先送り案浮上 »

2009年12月14日 (月)

鳩山首相「普天間問題、悩んでいる」=無条件撤去を要請-志位共産委員長

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009121400212
鳩山首相「普天間問題、悩んでいる」=無条件撤去を要請-志位共産委員長

 鳩山由紀夫首相は14日午前、国会内で共産党の志位和夫委員長と会談した。志位氏によると、席上首相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「普天間飛行場撤去を求める県民の思いや、新しい基地を辺野古に作ることに反対が強いことも分かる。ただ、日米合意も重い。両方大事なので、どう解決するか悩んでいる」と述べた。
 また、会談で志位氏は「普天間飛行場の無条件撤去を求める立場で、本腰を入れた対米交渉が必要ではないか」と同飛行場の無条件撤去を要請。これに対し首相は、「抑止力として米軍が果たしている役割について考える必要がある。その点では共産党とやや意見が違う」と語った。 
 このほか志位氏は、失業者への緊急支援策や中小企業支援策の拡充など緊急経済対策の実行を求めた。首相は「検討する」と応じた。同日の会談は志位氏が申し入れた。(2009/12/14-13:37)

« 普天間で一両日中にも政府方針 首相が強調 | トップページ | 普天間問題、結論5か月先送り案浮上 »

日米関係」カテゴリの記事